大人の生活情報サイト

menu

Fsion

記憶力低下を防ぐ、イチョウ葉エキス|血液サラサラ効果が要因?

イチョウ葉

認知症予防や記憶力の低下を防ぐといった表示を掲げたイチョウ葉エキス配合の機能性表示食品は従来からさらに増して増えています。

 

関与する成分は、イチョウ葉に含まれるフラボノイド配糖体やテルペンラカウトンといったポリフェノール類です。50歳以上の健康な人を対象とした研究でこれらの成分を含むイチョウ葉エキスを毎日採り続けていると、摂取しなかった場合に比べ、記憶の精度が高かったという報告があります。

イチョウ葉

これらのデータをもとに、認知機能の一部である記憶の精度を高める、記憶力を維持する機能があることが報告されているなど、記憶力の強化を打ち出している企業が多いわけです。

 

 

◆血液サラサラ効果が濃の機能を高める

イチョウ葉エキスが記憶力を高めるメカニズムについては、イチョウ葉に含まれるポリフェノール成分には、赤血球の膜の参加を防ぎ、血小板を凝集させる因子を抑制することで血液をサラサラにする作用があります。また脳の毛細血管を拡張する作用もあります。

 

このため、イチョウ葉エキスを採ると、脳の血流量が高まり、脳に酸素が送り込まれるようになり、脳細胞や神経細胞が活性化する。これが記憶力の向上に繋がるのでは?と考えられています。

 

 

◆外国では医薬品として使われているケースも

イチョウ葉エキスの機能に最初に注目したの葉、ドイツ人のウェルマー・シュワーベ博士です、。1960年代に有効成分の抽出方法を確立し、1965年には医薬品としての認可を取得。ドイツやイタリアなどではイチョウ葉エキスは認知症に伴う記憶障害や集中力の低下、耳鳴りなどの薬として用いられています。

 

にほんでは疾病対策・病気の予防を表示することは出来ませんが、記憶力に不安を感じる人は使ってみるといいのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。