大人の生活情報サイト

menu

Fsion

王様のヨーグルト種菌で、豆乳ヨーグルトを作ってみよう

王様のヨーグルト

おなかに優しく、女性の健康と美容に不可欠な発酵食品・ヨーグルト。

毎日採りたい食品だからこそ、美味しさや健康面にもこだわりたいです。

 

そこで、市販の牛乳に混ぜるだけで簡単にヨーグルトが作れる「王様のヨーグルト種菌」をお薦めします。

手作りなので、牛乳も低脂肪乳など自分が納得するものを選べるし、自分好みにアレンジできるのも魅力。

王様のヨーグルト

さらに豆乳で作れば、女性に嬉しい大豆イソフラボンやたんぱく質などの成分たっぷりのヨーグルトが作れます。

 

種菌として、機能性と味にこだわって選び抜いた3種の乳酸菌を配合し、その菌数は市販のヨーグルト規定数の約80倍。なかでも海外で伝統的に食べられているクレモリス菌は、とろみのもととなる「粘性多糖体」を作り出し、生きたまま腸に届く効果を発揮してくれるのが魅力的です。

 

 

◆3種の乳酸菌が生きたまま腸に届く

・サーモフィラス菌 KI-1株

長寿で有名なコーカサス地方で健康に良いと重宝されている、酸味を抑えた滑らかな口当たりを作り出す菌

 

・クレモリス菌DM-1株 / DM-2株

ブルガリアで食べ継がれてきた菌で、発酵するととろみのある粘性多糖体が出来ます。粘性多糖体は小腸から吸収されにくい性質があり、生きたまま大腸にとどきます。特にDM-2はミルキーな香りが特徴です

 

とろみのある食感と、酸味を抑えたまろやかな風味なので、そのまま食べるだけでなく、シリアルやスムージーに加えたり、料理のソースなど幅広く活用できます。

 

 

◆毎日続けられる理由

・乳酸菌が小さく吸収がスムーズ

使用されている3つの乳酸菌は一般的な乳酸菌に比べて1/2~1/4程度とサイズが小さいため、腸で吸収されやすくなっています

 

・失敗がない

常温発酵(15~30℃)なので、難しい温度管理や特別な器具を必要としません。

 

・安心・無添加。好みでアレンジできる

豆乳や低脂肪乳でも手作りでき、甘みも自分で調整可能です。いつでも無添加で安心・安全・フレッシュなヨーグルトが食べられます

 

 

室温で手軽に作れるのも嬉しいです。

是非毎日の週間に取り込んで、すっきり健康生活を満喫しましょう!

 

 

◆豆乳ヨーグルトの作り方

1.紙パックの豆乳を500~1000ml用意し、王様のヨーグルトの種菌3g(1包)を入れてよく混ぜます

 

2.口を閉めて室温で1~3日置きます。湿度が低いほど長めにします

 

3.固まったら、冷蔵庫で冷やし食べます。牛乳の場合はこの種で6回繰り返し作れますが、豆乳は2回ほどです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。