大人の生活情報サイト

menu

Fsion

審査が通りやすい楽天カードを、女性目線で検証する

楽天カード

クレジットカードといえば楽天カード!女性の活用者の本心を徹底チェックしてみました。あまた存在するクレジットカードの中でも、高いユーザー満足度を誇る楽天カード。

貴女も名前だけは聞いた事があるかと考えます。

ただし、実のところに楽天カードを使っている人はどういったところに、良い面と短所を感じているのでしょうか?そこで楽天カードを使っている女性に質問を行いました。

楽天カードについて、ここでしか見れない生々しい情報を整理して解説します。

楽天カードに関心のある人は何とぞ参考にしてください。

楽天カード

 

◆楽天カードとは?

楽天カードとは楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。

日本にはJCSI日本版カスタマー満足度指数調査という統計学的なテクニックを使って、12万人以上のクレジットカード使用者から返答を得るという大規模な調査があります。

楽天カードは、このJCSI日本版ユーザー満足度指数調査において7年間連続で1位をゲットするという大変クライアントからの得心の高いカードなのです。

【年会費】永年無料【国際ブランド】VISA、MasterCard、JCB【ポイントの還元率】1%。

ただし楽天市場で使うとポイント2倍、町の楽天加入店では最大ポイント3倍【利用限度額】10万円~100万円【引き落とし日】27日 【支払い方法】分割払い、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払い【不正防止】カード盗難保険付き【ETCカード】年会費 500円(税別)【海外旅行保険の適用条件】海外旅行の交通費を支払った場合のみ保証を受けられる(利用付帯)上記以外にも、電子マネーのEdyの機能を 追加でき、クレジットカードの利用明細をスマートフォンで見られる管理アプリなど、使える機能とサービスが満載のクレジットカードです。
各機能の詳細な中身は、この後半でお伝えします。

 

 

◆楽天カード使用者の傾向

今度はこの楽天カードについて、楽天カードを持っている女性を対象にして、質問チェックを行いました。

「楽天カードという名前はオンライン上でよく見かけるけど、実のところにユーザビリティが高いのかな?」と心もとなく思っている方にはベストチョイスです。

・40代未満の人だけで77%を占めるので、わりとフレッシュな層が中心です。

・世帯年収では、100〜699万円の層が全部のほぼ9割を占めています。

・返答者がみんな女性という事もあり、約50%が専業主婦の方です。

・少々結婚している人が多い内訳になっています。

 
楽天カードが暮らしの中でどのような使い道で使用されているのかを解説します。

やっぱりどのような結果になったのでしょうか?リサーチ結果は以下の通りになりました。

 
・楽天市場で使用すると楽天ポイントが2倍になるという特性のためか、オンラインの買い物の決済が約4割を占めています。

・他の使用目的は、生活費の入金、ストアで服などを購買した場合の入金、ローン・キャッシングなどとなっています。
楽天カードはオンラインの買い物だけではなく、参加店で使用したケースも、ポイントが2倍〜3倍になるので、町で使用する人が多々あるのではないかと考えます。
第二に、調査の返答者を属性別に区分して、一層詳細に結果を見ていこうと思います。

・20代〜40代は生活費、水道光熱費、スマホ代などいろいろな領域の入金に楽天カードを活用している事がわかります。

・しかも、30代と40代では、ストアで服などをショッピングしたときの決済での活用も他の世代と対比して大きくなっているのがわかります

使い道に関わらず、暮らしにおける決済全般で楽天カードが使用されていると言えるのではないでしょうか。

しかも他の世代には見られない交際費の入金を見る事ができますが、仲間や同僚などとの交際に置いては割り勘が多々あるため、現金を使用する20代に対して、世帯で過ごすことが多々ある30代と40代では自らが負担する事が多々あるため、決済にカードを使用しているのではないかと思われます。
50代・60代人たちはオンラインの買い物と移動費のどっちかにしか活用していないようです。
ところで、楽天の参加店の中には、ガソリンスタンドのENEOSが存在するので楽天ポイントが2倍貯まります。

それ故、ガソリンを入れる時に楽天カードを使用する人も多々あるのではないかと考えます。

さらに、楽天カードの外国旅行保険は外国旅行の場合に、旅費交通費を一部でも払う事が保険適用の要件なの移動費の支払に利用しているようです。

世帯年収が100万円〜999万円の層はいくつかの領域で楽天カードを活用している事がわかります。

しかも、100万円〜699万円の層では、水道光熱費や電話・ネット費用の入金が見られるため、月次の固定費を楽天カードで支払う人が多々あるという事がわかります。

オンラインでの購入に加えて、月次で一定で生じる決済をカード払いにする事で、パフォーマンスよくポイントをゲットするのは、まさに現代の暮らしの知恵といえるのではないでしょうか。

反対に、99万円以下の層と1000万円以上の層は、活用する目的が2つしかないという結果になりました。

楽天カードは大抵オンラインの買い物とスマホ代の決済用で、他の領域は楽天カード以外のクレジットカードや現金で入金をしているのだと思われます。

正社員以外の人たちは楽天カードを4つ以上の領域で使用しているという事がわかります。

楽天カードはわりと査定の通りやすいと言われているので、パート・アルバイト、自由業・フリーランス、無職、専業主婦・主夫、の人たちには便利されているようです。

最後は、結婚している者と未婚者別の楽天カードの使用目的です。

移動費以外は大きな差異がないように見えます。

けれども、丹念に見ると結婚している者はスマホ代(携帯・PC)の入金、交際費、ストアで服などを調達したときの決済の比率が減っています。

これは、結婚している人の方が、懐具合に気を遣っているからでしょう。

その証拠に、結婚している者は未婚者にはない家賃の入金が入っています。

 

◆楽天カードに関する感想

それでは、これからは楽天カードをいつも使っている女性が返答した楽天カードの感想を4つお伝えします。

ここで解説する4つ以外にも良いところはあります。

★オンラインの楽天店舗で着眼点の還元率が高い。

しかも、購買したときにつくポイントは楽天edyに取り替えして使用する事も可能なのが魅力的です。

・カードを活用する事で楽天ポイントがたまるので、そのポイントを使って楽天市場での買い物を安価に済ませる事が可能。

・楽天市場で購入するとポイントが貯まりやすいところ。

楽天市場のキャンペーン期間中に楽天カードで購入するとポイントが2倍、3倍になる事もあり、かなりリーズナブルだと考えます。

・よく楽天市場で買い物するので、ポイントの還元率がいい。

・年会費もフリーでユーザビリティが高い。

・楽天市場での買い物で楽天スーパーポイントが溜まりやすい事とポイント3倍などのキャンペーンが多々ある事。

・楽天市場以外の購入でも楽天ポイントがたまるところ。他にも、各種キャンペーンなど、ポイントがもらえるイベントが多々あるところ。

・キャンペーンをよく楽天でやっているので、他のカードよりもポイントがたまりやすい事。たまったポイントが買い物に役に立つ事。

楽天カードは「楽天市場」で使用するとポイント2倍、参加店で使用すると2倍〜3倍とポイントが貯まりやすいカードです。

楽天カードは100円の使用ごとに1ポイントつくので、ポイントも貯まりやすいのです。

楽天カードは100円の購入をするごとに1ポイントなので、999円の買い物でも9ポイント付く事になります。

そして、月に2回楽天市場でポイント10倍キャンペーンが開催されているようです。

必須なものや望むものが存在する場合は、ポイント10倍のキャンペーン中にショッピングしたいですね。
・査定がわりとゆるい他のクレジットカード法人の査定で相当直ちに通らない時も、迅速に作りやすいところが引き寄せられる。

・学生やフリーターでも査定に通る会社はとても少ないため楽天カードの査定レベルが素敵。資料請求なども非常にしやすいです。

楽天カードは査定に通りやすいカードとして著名です。

実のところ、今回の調査チェックの返答者は、専業主婦が半数でしたが、楽天カードを持っていました。

クレジットカードが相当作れなくて、困っているという人にとっては良いカードですね。

・カードを使っていくうちにたまる楽天ポイントは楽天edyに等価チェンジでき、数々の店舗で現金と同じく重宝します

・ポイントが貯まりやすく、ポイントでアイテムが買えるところ。あとは、楽天Edyがついているため、チャージして電子マネーとしても重宝するところ。

・カードを使っていくうちにたまる楽天ポイントは楽天edyに等価交換でき、様々なショップで現金と同じく役に立つメリットがあります。

・カードを使っていくうちにたまる楽天キーポイントは楽天edyに等価チェンジでき、数々のショップで現金と同じくに役に立つのが素敵

 

楽天カードは電子マネーのEdyの働きを付け足しする事ができます。

このEdyは楽天Edyと呼ばれており、ポイントを楽天Edyと取り替えることができます。

例を挙げると、楽天ポイントを200ポイント持っていたとします。

申込みをすれば、その楽天ポイントの200ポイントを楽天Edyに切り替える事が可能なのです。

楽天のポイントが余っているけど使い道がないという人はベストチョイスのメソッドです。

その上、事前に楽天カードを持っているけど、楽天Edyをエントリー忘れたという人はエントリーをすれば、楽天カードの番号を変える事なく楽天Edy付きのカードを入手する事ができます。
・楽天カードの良いところは、加入で2000円相当のポイントをもらえる。年会費フリーで、1%とわりと還元率が高い。

・ENEOSで還元率2%になる。

・外国旅行保険が付く。

・エントリー時に付加されるポイントがとても高い。年会費などもフリーで、楽天市場での購入時にはポイントが高く付くのが良い。

・ポイントが貯まる事や加入ポイントが相当高い所、又楽天市場で楽チンにお購入ができ、ボーナスポイントが存在する所。

 

楽天カードはエントリーキャンペーンが頻繁に行われています。

エントリー時に2000円〜5000円相当のポイントがもらえる事もあります。

時には8000円相当のポイントがもらえる事もあります。

年会費・加入費フリーのカードですので、ポイント分安上がりです。

しかし、加入キャンペーンのポイントが受け取れるのは、原則として1人1回です。

「楽天ポイントを希望するから何枚も申請する」という事はしてはいけません。

 

 

◆楽天カードのデメリット

良いところが満載の楽天カードですが、悪い面もあります。

ここでは、以下の4つをお伝えします。

・意匠がはっきり言ってカッコ悪いです。何個かカードを持っていますが、楽天のカードがナンバーワンでダサくて相当心残りな心境になります。

・海外で購入する時に出す時など、漢字の「楽天」の文字が際立つのが嫌。

・外国旅行などには使えないところも存在するため持っていけないところ。

・他のカードは一段と色とりどりで素敵。

プレーンな意匠なので、人によってはカッコ悪いと感じてしまうかもしれませんね。
・カード発行に手間と時間が必要になる事

・ネームバリューがない事。

・外国旅行をしたとき、現地の店舗で買い付けをすると、見慣れないカードだからか、奇異そうそうにされる。

・誰にでも発行してくれるカードなので、仕方がない

・皆が持っており特別感にかけるところ。

・メールが豊富にくるところ。

・住んでいるところが地方だからかもしれないけども、認知度が低い。

・どこで楽天カードをつかっていいか分からない時が多々ある。

 

良いところのところでも解説しましたが、発行の査定がゆるいという傾向が存在するようで、多くの人が持てるためステータスを感じる事は簡単ではないようです。

楽天カードは年収が500万円以上なければ持てないというカードではなく、年収が少なくても査定に通りやすいと言われているので、しょうがないと言えばしょうがないですね。

さらに、海外での認知度はまだ高くないようです。

・ポイントがほかのアイテムに変更できない事。他のカード企業だったら他社のポイントや図書カード、アイテム券などに変更できる。

・ポイントサービスがまだまだ限定されている。カードを持っているからといってATMの手数料がフリーにならないのが心残り。

・もっとポイントの役に立つところを増やして欲しい。コンビニとかスーパーとか。

・一層いろいろなところで使えたらいい。贅沢を言うならば貯まったポイントを飛行機や新幹線に使えたら有難い。

・ポイントが重宝するのは楽天市場だけなので、ふつうの買い物では使えないところ。あとは、ゆうちょ銀行が使えないため、ゆうちょ銀行が主要の場合にはわずかに面倒くさくなる時が存在する。

 

ポイントは貯まりやすいものの楽天ポイントなので、普通に楽天のWebページで使用する事が大半です。

ただ上述したとおり、ポイントを楽天Edyに取り替えして、コンビニなど楽天Edyが重宝するところで使用すると良いです。

しかも、飛行機を良く使用する人ならANAのマイルにも取り替えできますので、ANAのマイルにしてもいいでしょう。

・ETCカードが年会費500円。他のカードはその分がフリーなので、ちょっと心残りです。

・最近ではETCカードの年会費がフリーのカードも多々あるので、年会費が500円必要になるのはつらい。

 

 

◆まとめ

ここまで、楽天カードの長所と悪いところを見てきました。

楽天カードと親和性が良い人は如何なる人なのでしょうか?

楽天カードと親和性が良い人は次のような人たちです。

・オンライン上で購入をする時は、楽天を使用する事が多々ある。

・電子マネーのEdyを使用する機会が存在する。

・クレジットカードの意匠にこだわらない。

・クレジットカードにステータスを求めない。

第二に、楽天カードと親和性が良くない人についてまとめます。

・オンラインの買い物はAmazonやYahoo!ショッピングなど楽天以外Webページを使用する事が多々ある。

・ETCカードの年会費を払いたくはない。

・クレジットカードにステータスを求める。

・意匠のきれいカードが望む。

しかし、ステータスを求める方には楽天プレミアムカード、クレジットカードにきれいなデザインを求める方には楽天PINKカードという選択の余地があります。

この2枚についてはくわしく紹介します。

【年会費】10,000円(税抜)【国際ブランド】VISA、MasterCard、JCB【ポイントの還元率】1%。

ただし楽天市場で使うとポイント2倍、町の楽天加入店では最大ポイント3倍【利用限度額】300万円【引き落とし日】27日【支払い方 法】分割払い、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払い【不正防止】カード盗難保険付き【ETCカード】年会費無料【海外旅行 保険の適用条件】海外旅行の交通費を支払わなくても保証(自動付帯)楽天プレミアムカードは、プライオリティ・パスが無料で登録できます。

このプライオリティ・パスに登録しておくと、全世界400空港850ヵ所以上のVIPラウンジが回数制限なしでフリーで使用可能という豪華な特典です。

いつもの楽天カードで外国旅行保険のバックアップを受けるためには、外国旅行の旅費交通費を楽天カードで支払う必要がありました。

ただし、楽天プレミアムカードは旅費交通費を支払わなくても外国旅行保険のバックアップを受ける事ができます。

他にも旅先で病気になったり、パスポートをなくしたりした時、非常時の応対をしてくる楽天プレミアムカードトラベルデスクも使用する事ができます。

旅行や出張で空港をよく活用する人にベストチョイスの特典です。

【年会費】永年無料【国際ブランド】VISA、MasterCard、JCB【ポイントの還元率】1%。

ただし楽天市場で使うとポイント2倍、町の楽天加入店では最大ポイント3倍【利用限度額】10万円~100万円【引き落とし日】27日 【支払い方法】分割払い、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払い【不正防止】カード盗難保険付き【ETCカード】年会費 500円(税別)【海外旅行保険の適用条件】海外旅行の交通費を支払った場合のみ保証を受けられる(利用付帯)その名の通りカード自体がピンク色で愛らし い見た目をしています。

普通の楽天カードの意匠はセンスがないと言われていましたが、楽天PINKカードは女性受けしそうですね。

普通のカードとは違う、女子特有の病気へのバックアップがついています。

「女子の味方」というキャッチコピー通りのカードですね。

切替手数料が1000円(税抜)かかりますが、事前に楽天カードを持っている人でも楽天PINKカードに切り替える事が可能です。

しかし、カードの番号が異なる上に、元々持っていた楽天カードは使えなくなるので、楽天カードを携帯代金やガス、水道代の請求にしているケースは忘れずに切り替えておきましょう。

意外な事に「女子しか申請できない」という要件がないため、男性でも申請ができるようです。

 

 

◆楽天カードの加入特典

楽天カードには加入特典というものが提供されています。

貴方も、楽天で買い物をしている際に、「実際、楽天カードをエントリーすると2000円分の楽天ポイントをお渡しします」という広告を見た事があると思います。いつもは2000円ですが、頃合によっては、5000円分のポイントや8000円分のポイントが受け取れる事例があります。

しかし、ポイントをもらうためには「リボ払い」の契約が不可欠という時もあります。

従って、クレジットカードを申請する前に、画面の解説をよく読み、どのような前提を満たせばポイントがもらえるのか参考にしておくといいと考えます。

楽天カードはVISAやMasterCardやJCBと3つの国際ブランドから好きなブランドをチョイスする事ができます。

特にこだわりがなければ、国際ブランドはJCBにする事が推奨です。

その所以は、国際ブランドをJCBで作った楽天カードは電子マネーのnanacoの機能をクレジットカードに付け足しできます。

普通、住民税など税金や水道代などの公共料金はクレジットカードで支払う事ができない事例が多々あります。

ただし、nanacoは税金も公共料金も支払えます。

ここが着眼点なのですが、楽天カードでnanacoのチャージをしたケース1%のポイントが付くのです。

つまり、クレジットカードでは支払えないので、ポイントが付かない税金や公共料金でポイントを貯める事が可能なのです。

10000円分の買い物をしたら、100円のポイントが付くという事になります。

nanacoの機能はブランドがJCBの楽天カードにしか付け足しできません。

このテクニックを試してみたい人はどうぞ国際ブランドをJCBにしてください。

年会費フリーながら、数え切れないほどのもち味を持つ楽天カード。

諸々な特典を持つクレジットカードを相手に7年連続顧客満足度1位を取得するだけの事はありますね。

「どのクレジットカードを作ればいいのかな?」と迷ったら、楽天カードを候補に入れてみてはどうでしょうか?ETCカードを活用するために年間500円必要だったり、カスタマーセンターが有料だったりと短所もあります。

けれども、年会費・加入費フリーで、いざという時補償も満喫している上に、キーポイントもたまりやすいという長所は引き寄せられるだと考えます。

他ににも、外国旅行保険や楽天Edyなど重宝するサービスが数多に存在するので、クレジットカードを何枚も持ちたくない人にはベストチョイス可能な1枚だと考えます。

実のところ、今度の調査でも、「クレジットカードは楽天カードしか持っていない」という人1は3割もいました。

万が一、関心を持ったなら、一度エントリーをしてみてもいいかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。