大人の生活情報サイト

menu

Fsion

家計の通信料(スマホ・インターネット料金)を見直して大きく節約しませんか?

テザリング

ネット料金やスマホ通話代金を見直す小ワザを整理してみました。家計の再検討でやりやすい項目はどこかわからりますか?本当は通信料なのです。
通信料は方法によって大きな節減成果が望めるのに、一度契約すると修正するのがめんどくさいという要因で再検討しない人が多くいます。

おっしゃる通り、個々はささやかな省コスト効果ではありますが、整理しなおすとかなり大きな省コスト化に繋がります。

吟味しないなんて勿体ない!ポイントを整理してみましたので、個々に見定めしてみましょう。

テザリング

 

◆通信料を再認識する

現代では欠かせないスマホ、インターネットですが、これらを使用するためには通信料がかかります。

通信料は通信企業、使い方、通信機器によって値段が異なります。

省コスト化を決める時に通信料はこれ以上減らせられないと考慮する方も多々あるのですが、現実にそうでしょうか。

個々の通信料は多くなくても、身内全部が携帯を持っていたらそこそこの料金になりますよね?

特にお子様が中学、高校に上がって交友関連も増加して来ると、携帯の通信料に驚いてしてしまうご両親も多くいます。

通信料は構想次第で節減する事ができます。

それによりには通信料個々を再考していかなければいけません。

個々の省コスト化の影響は低くても、身内みんなの分をまとめると大きな省コスト化に繋がります。

これを機会に一度通信料を再検討してみましょう。

 

◆固定電話は必要か?

初めに、固定電話の節減から見ていきましょう。

どういった節減にも言える事ですが、真っ先に省コスト化を心積もりした時に初めにして欲しいのが、現況の理解です。

固定電話をどのように使っているのか、例を挙げると、受ける事が多々あるのか、掛ける事が多々あるのか、どれだけの時間話すのか、電話を使用する時帯はいつが多いのかなどを明細などで検証してみて下さい。

それを踏まえてご本人に合った計画を選択しましょう。

初めに固定電話の通信会社の再考です。

このところでは通信会社の種類も多く、代表的なところで、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーンズ、日本テレコム、KDDI、などがあります。

実を言えば使用する地域や時帯などによってどこがリーズナブルになるかは異なります。

かける地域も市内、市外、国内、国外で料金も異なりますので、使用明細を見ながらどのサービスがリーズナブルになるのか対比してみると良いでしょう。

通信会社が決まったらオプションを見てみましょう。

通信会社を変更しない方で多々あるのが契約した時から一度も再検討していないので、無意味なオプションが付いている事があります。

例を挙げると、キャッチホン、FAXサービス、転送サービスなど。実際に不可欠ですか?

月々数百円くらいのサービスですが、年間数千円程度になります。

それが数年続くと数万円刻みで損をしている事になります。

一度実際に不可欠か再考して、使っていなければ取り止めしてしまいしょう。

通信会社が決まったらオプションを見てみましょう。

各々は月々数百円くらいのサービスですが、年間数千円程度になります。

それが数年続くと数万円刻みで損をしている事になります。

一度実際に不可欠か再検討して、使っていなければキャンセルしてしまいしょう。

このところでは請求書の発送をやめて、インターネット上で確認するようにするとその分料金が安価になる事があります。

NTTのサービスでは申請すると月々110円安価になります。

これで年間1320円の節減になります。

IP電話とはインターネットを使った電話の事です。

インターネット回線と並行して申請するのが必須です。

IP電話同士であれば電話料がフリーになり、それ以外のところにかけても一般の固定電話より安い料金で申込みできます。

一例を挙げればYahooBBであればBBフォンというものがあり、家庭用の電話機をデフォルトで使用する事ができます。

他にも、コースによってはソフトバンクの携帯へフリーで掛ける事も可能なので、ソフトバンクの携帯へ良く掛ける方には特に安上がりになります。

人によっては固定電話を全く使っていない方も多々あるでしょう。

昔は固定電話がないと貸付金の審査に通りにくいなど、何かと困る事がありました。

ただし、今頃ではそういう例もなくなりはじめ、固定電話の有る無しが関係なくなっています。

そんなに固定電話を使っていないケースは、思い切ってやめてしまうのがトップの節減になります。

 

◆インターネット接続料金の節減

つい数年前までインターネット回線を引いていない家庭も、実際多くの家庭でインターネット回線が引かれてて、もはや暮らしの必須アイテムとも言えるようになりました。

そのような我が家でインターネット回線を使用するのに安上がりな手段はないか調査してみました。

インターネット回線は施工や申込み手順も煩わしいで一度契約したらデフォルトから変更しないという方も多々あるのではないでしょうか。

ただし、インターネットの接続料金も各法人によって異なります。

そして、法人によっては乗り換えイベントなども実施して乗り換えると安価になる事もあります。

見過ごせない法人を良く見ると乗り換えイベントを実施しているところも存在するので一度見定めしてみて下さい。

外出が多々ある方は自宅にインターネット回線を引かずに、外でも重宝する携帯Wi-fiを使用するか、携帯のテザリング機能を使用すると良いでしょう。

近頃では光回線がメインになっていますが、中身的にはヘビーユーザー向けになっています。

家屋ではあまり使わない、動画をあまり見ないなど、検索やメールなどが主のケースは回線を引かずに他の手段でインターネットを使用する法が良いでしょう。

 

◆スマホ・携帯電話の省コスト化テク

スマートフォンがメインになってから多くの方が6千円〜8千円程度の料金を払っているのではないでしょうか。

もしかして一段と高い料金を払っているかもしれませんね。

1台であれば問題なくても身内みんながスマートフォンを持ち始めたら、かなり大きな料金になります。

携帯電話の節減メソッドは何個かありますが、最も推奨しているのが格安SIMの応用です。

格安SIMとは、良く皆さんが耳にするDocomo、AU、Softbankなどの大手携帯電話企業ではなく、プロバイダー事業者や大型小売店から提供している通信サービスの事です。

スマホはSIMカードと言われるカードを挿入して初めて通信サービスが使用出来ます。

Docomo規格のSIMカードを挿入するとDocomoの通信サービスが使用でき、AU規格のSIMカードを挿入するとAUの通信サービスが活用可能なようになります。

実際までの日本では、自社の端末で競合企業のSIMカードが使えないようになっていました。

これがSIMロックと言われるものです。

大手携帯電話法人はSIMロックを掛けたり、2年契約で途中キャンセルの場合に違約金が必要になるようにして、競合企業への乗り換えを防ごうとしていました。

ただし、SIMロックがかかっていない、どのSIMを挿入しても重宝する携帯がスタートし、DocomoやSoftbankの携帯でもSIMロックのかかっていないSIMフリー携帯をリリースしたり、SIMロックを解除可能なサービスが実施され始めました。

SIMフリー携帯が出回る事で、活用者は多くの通信サービスを自由に選択の余地があるようになりました。

そんな訳で登場したのが「MVNO」というビジネスモデルです。

「MVNO」はSIM提供企業だと思って下さい。

普通大手携帯電話法人は6千円〜8千円程度の料金を取るのに対して、MVNOでは千円程度から使用ができます。

この事から格安SIMと呼ばれています。

なぜこんなプライスに差が出るのかというと、MVNOは徹底的な必要経費カットをしているからです。

大手携帯電話法人のビジネスモデルでは、通信料を多く使用する人も、少なく使用する人も、同じように多くの容量を早く通信可能なようになっています。

ただし、格安SIMは容量や速度を制限してサービスを用意しています。

大根1本だけ1本望んでいるのに、実際は5本整理したものしか売っていなかったのです。

それが、1本だけでいい人は1本だけ買える、望む分だけ決済をするから安価になるのです。

なので、格安SIMにすればみんなリーズナブルかと言われるとそうではなく、使用する容量も多く、なるべく早い速度がいいヘビーユーザーのケースは、一流企業携帯電話法人の方が良いという時もあります。

ついでに格安SIMも一流企業携帯電話企業の通信網を借りてサービスを供給しているので、通信規格やエリアなどは大手携帯電話法人と変化はないのです。

 

◆格安SIMを活用するには?

真っ先にするのは、SIMフリー携帯を入手する事です。

一流企業携帯電話企業の端末でも解除出来たり、元々SIMフリー携帯だったりする事も存在するので、現在ご利用の携帯がSIMフリー携帯であれば、端末はデフォルトで使用する事ができます。

SIMフリー携帯が無ければ、端末を調達するしかないです。

ネット通販や大型小売店でも買い物出来ますが、格安SIMと併せて購買する事もできるです。

分割払いも可能なので、一括で支払うのが簡単ではない人は並行してショッピングするのが良いでしょう。

格安SIMは、大型小売店やインターネットで購入する事もできます。

著名なところで、ビックカメラはBICSIMという格安SIMをリリースしていますし、楽天グループでは楽天携帯を提供しています。

大手企業3社(AU・ソフトバンク・ドコモ)のスマートフォンは定額パケットなので維持費がなかなか高いですよね!格安SIM+SIMフリーiPhoneで携帯代を省コスト化しつつ、ストレスなく心地よく使うのに役に立つ「利用し放題」なSIMの利用計画を解説します。

いまや完全に必須アイテムとなった携帯電話ですが、スマートフォンの拡大によりパケット代金も利用し放題にしないとかなり不便になっています。

月々かかってしまう携帯電話料金を省コスト化するために、料金が安いと話題のMVNOについて対比してみました。

しかも、初めてでも心配無用!な店頭申し込み可能なところに限定してみました。

最後は外でインターネットを安上がりで繋げるテクです。

iPhoneがあれば用事は済んでしまうという方もいるかと考えますが、外でタブレットやPCなどiPhone以外の端末を利用したい方もいるでしょう。

その時の節減メソッドを解説します。

 

◆テザリングでネット料金を安く

外でタブレットやiPhoneを使用するのはたまにしかないというケースは、iPhoneの「テザリング」という機能を使ってはどうでしょうか。

端末によっては使えないものもありますが、テザリングを使えばどんなときでもタブレットやPCをインターネットに接続する事ができるです。

テザリングは、無造作に言うと、スマートフォンをモバイルルーター代わりにする機能です。

方法は簡単で、iPhoneのテザリング動作をONにして、繋げたい端末のWi-fiをONにします。

スマホの電波をキャッチしたら、スマートフォン側に書いてあるパスワードを入力し、ログインします。

これでインターネットの接続が完了です。

とはいっても、スマートフォンの通信制限などが存在するケース、容量の大きいファイルのダウンロードなどをするとスマホの通信に制限が掛かってしまうので配慮しましょう。

フリーWifiとは、町中で自由に重宝するWifiの事です。

外国では「FREESPOT」と書いてある事が多く、会員登録なども不要で機能面で優れたケースが多々あるのですが、日本ではまだまだ一般化されていなく、使えても会員登録が不可欠なケースもあります。

インターネットに接続する端末の安全対策対策をびしっとしておく必要はありますが、それさえキッチリとしていれば、フリーWifiはフリーでインターネットに接続可能な素晴らしいサービスです。

フリーで役に立つフリーWifiは「FREEWifi」スターバックスが供給している「at_STARBUCKS_Wi2」などが名高いです。

「at_STARBUCKS_Wi2」は前もって会員登録が不可欠となります。

頻繁に外でインターネットを繋ぐなら携帯Wifiを契約するのが良いでしょう。

携帯Wifiは専門のモバイルルーター(Wifiルーター)がアクセスポイントの役割を担ってくれます。

テザリングに比較して速度が速かったり、制限がないのがポイントです。

著名なところだとWiMAXやイーモバイルがあります。

その上、ルーターにもSIMがさせるようになっていますが、端末によってSIMフリー端末があり、iPhoneと同じように格安SIMで使用する事ができるです。

ぷらら携帯は定額無制限の格安サービスを供給しています。

どれだけ使用するのかにもよって異なりますので、ご本人に合ったサービスを見つけて下さい。

外国旅行や外国出張に行くケースに外国でもインターネットを利用したいこともあるかと思います。

ただし、大手携帯電話法人の外国プランは高いと感じるので、リーズナブルに外国で使用するには如何にすれば良いでしょうか。

携帯電話法人のサービスを使用する以外で外国でインターネットを繋ぐには以下の3つのテクニックがあります。

1.レンタルWifi2.フリーWifi3.SIMフリー携帯の応用

1つ目はレンタルWifiを使用する手段です。

渡航先が分かれば、その国で使用可能なモバイルルーターをレンタルする事ができます。

渡航先や日数によってどこのレンタルWifiがリーズナブルかは異なります。

2つ目は外国のフリーWifiを使用する事です。

国によりますが、外国の方が日本より多くのフリーWifiがあります。

あまりインターネットを使用しないのであれば、フリーWifiでも十分かもしれません。

3つ目はSIMフリー携帯を持って、外国のSIMを調達し、使用するテクです。

外国では日本よりも早く格安SIMが流行ったので、国によってはSIMの自販機などが置いてあるところもあります。

外国旅行者用に例を挙げると、5日間5ギガまでというプリペイド式のSIMカードが売られているので、旅行期間にマッチして格安SIMを現地で購買すると安価に済みます。

言うまでもなくテザリングができるな端末であれば、テザリングでスマートフォン以外の端末を使用する事ができます。

 
どうでしたでしょうか。

個々はささやかな省コスト化にしかならないかもしれませんが、整理て見直すと通信料の大幅な節減が見込みできます。

さらに、身内みんな分のスマホ代を見直すだけでも通信料の節減に繋がります。

どうぞ、この機会に一度通信料を整理し再検討してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。