大人の生活情報サイト

menu

Fsion

サッカーの名選手であり名監督だったヨハン・クライフを追悼する

ヨハン

現代サッカーに最も影響を与えた人物を1人述べよと言われたら、まっさきに名前が挙がる人物、ヨハン・クライフが亡くなった。

この人間が、サッカー界に影響しなければ、サッカーは観るスポーツとしてここまで進化を遂げただろうか?

高い娯楽性を含むスポーツであり得ただろうか。

20%増。

それぐらい大きな役割を果たした人、偉人だと思う。

ヨハン

「オランダの英雄」「伝説のサッカー選手」「空飛ぶオランダ人」等々、訃報を伝えるニュースは解説しているが、それでは語り尽くせない。

大事さに迫る事ができていないと思う。

選手としての引き寄せられると、監督、指導者としてのチャームポイント。

クライフには2つの側面がある。

理解しやすいのは選手としての引き寄せられる魅力だ。

クライフの選手としての絶頂期は、1974年西ドイツW杯。

その時、日本で中継された試合は西ドイツ対オランダの決勝戦のみだった。

バルセロナご時世の映像も、テレビを通して頻繁に流れたわけではない。

その頃、情報の取得はおおよそがサッカー専門誌経由。

そうした趣旨でクライフは伝説の選手だった。

 

◆ヨハンは名監督にして名プレイヤー

リアリティを感じたのは、ワシントン・ディプロマッツの一員として来日し、ヤンマーと対戦した時(1980年)ぐらい。

右足のアウトサイドで蹴ったボールが、タッチラインを割りそうになりながらも、素晴らしいな回転でキュッルキュルと、スライスラインを描くパッティングのように戻ってくる様子に感激した記憶がある。

だがその時、それ以上の感激を、それからおよそ10数年後、バルサ監督ご時世のクライフから味わえるとは思わなかった。

現役の選手より、常に前に引退した監督の方が巧い。

プレーするのはミニゲームの数分間だけだったが、練習場で彼はキレキレの技術を披露していた。

選手より巧い監督。

かつて日本代表監督を務めたジーコもそのひとりだ。

ごくたまにミニゲームでボールを蹴っていたが、ほれぼれするぐらい巧かった。

スポーツには「名選手、名監督にあらず」の格言があるが、サッカーは大抵そうなりがちな競技だ。

練習で選手より巧くボールを扱う監督=元スーパースターが、一流の監督でいる場合はそんなにない。

失礼ながら、ジーコはそのクチになる。

「名選手、名監督にあらず」があらかたを満たすサッカー界で、クライフはトップの例外と言えた。

そこに監督としてのカリスマ性を感じた。

名選手で名監督。

しかも、クライフはただの名監督ではなかった。

欧州で多くの監督に話を聞く中で、とりわけクライフの名前を出す人に多く出会った。

影響を受けた人物として、である。

クライフがバルセロナで実践したサッカーは、多くの指導者の心を動かしていた。

あとちょっとベテランになると、74年西ドイツW杯で見せたオランダのサッカー。

その頃のアヤックスのサッカーを挙げた。

時の監督はリナス・ミホルス。

没後、20世紀最高の監督としてFIFAから表彰された“トータルフットボール”の生みの父母だ。

「トータルフットボールはサッカー界マックスの発明。

それが出現する前と後で、サッカーの考えは180度変わった」とは、後に“プレッシングフットボール”を提唱したアリーゴ・サッキ(元ミラン、イタリア代表監督)の言語だ。

「プレッシングフットボールは、トータルフットボールからヒントを得たその延長上にあるものだ」ともサッキは述べている。

リナス・ミホルスが提唱したトータルフットボールをバルサで実践したクライフ。

その練習場であるタイミング、僕はサッキの姿を何度か目撃した事がある。

(トータルフットボール+プレッシングフットボール)÷2。

現代サッカーがこの公式の上に成り立っているとすれば、クライフの影響長所はいっそう増す。

名選手であり名監督であり戦術家。

だが、戦術家という名称は、元スーパースターには不似合いだ。

専門家選手としての経験のないサッキの方がよく似合う。

元スーパースター対研究者。

戦術家らしく映るのは、サッカーでは断然後者だ。

実のところ、クライフは一見、戦術家らしくなかった。

川上哲治というより長嶋茂雄だった。

野村克也でもイビチャ・オシムでも全くなかった。

明るく、爽快でスポーティ。

大きなジェスチャーを交えながら、朗々と言い回しのシャワーを、まさにいい感じで浴びせかけてくれた。

こちらを緊張させるような事は全部なし。

 

 

◆ヨハンの哲学

初めて話をうかがったのは、カンプノウ内にある監督室で、歴代の監督の写真やトロフィーがずらりと並ぶところだったが、その厳かな風情とは対照的な、いい趣旨での軽さがその好感度を高めていた。

とはいえ話の中身まで軽かったわけではない。

「勝つ時は少々汚くてもいいが、敗れる時は綺麗に」「娯楽性と勝利はクルマの両輪のように求めるべき」「つまらない中身の1−0なら、2−3で負けた方がいいくらいだ」等々、いまだに忘れられない会話のオンパレードだった。

僕にとってはまさにカルチャーショック。

サッカー観は、クライフに話を聞く前と聞いた後で180度変わっていた。

サッカー観というより一生観と言ってもいい。

戦術的な話もさる事ながら、哲学に迫る話に惹かれた。

哲学者から聞かされたのならおそらく右から左へ素通りしていただろうが、およそ哲学者らしくないクライフから聞かされたところが秘訣だった。

すんなり染み入ってくるのだった。

2002年日韓共催W杯の抽選会のとき、韓国で話をうかがった時は、オランダサッカーの話が中心になった。

フース・ヒディンクが韓国代表監督として大会に臨むという事で「オランダのサッカーをアジアに宣伝するいい機会になる」と述べた。

オランダサッカーとは攻撃的サッカーである。

時の欧州は、守備的サッカーと攻撃的サッカーが対立軸を形成していて、クライフは攻撃的サッカーの旗振り役で通っていた。

ただし哲学の話と同じく、押しつけがましくはなかった。

「イタリアのサッカーって、ほんと守備的で退屈だよね」と言いながらも、「あっ、これは僕がそう思っているだけだけどもね」と、100%同意を求めるわけではなかった。

「僕はそう思うけど」「理不尽に付いてこようとしなくていいから」。

たかがサッカー、されどサッカーではないが、変に深刻にならないライトな誘い口調が、耳に心地よく入ってきた記憶がある。

ほどなくして、守備的サッカーは衰退。

世の中は攻撃的なご時世になった。

(トータルフットボール+プレッシングサッカー)÷2のご時世を迎えた。

だがそうした軌跡的背景は、日本に情報として伝わっていない。

サッカー史に疎い日本人は、思いのほか多くいる。

クライフを信奉する指導者は、ワールドワイド各地に溢れている。

どこでも耳にする程だが、日本では滅多にお目に必要になる事ができない。

1974年以降、欧州ではだいたい何が起きていたのか。

そんな訳で長年、主役を務めてきた人物が急逝したいま、欧州近代サッカー史の学ぶを怠ってきた日本サッカー界の不幸を、僕は改めて痛感する。

「クライフって何?」と?印が付くようでは、サッカーは強くなっていかない。

日本は時代遅れになるばかりだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。