大人の生活情報サイト

menu

Fsion

この春トレンドの「とろみシャツ」|おしゃれ上級者のアイテム

とろみシャツ

この桜の季節注目なのは、とろみシャツ×ショーツのアダルト衣装合わせ。とろんとした材質感の「とろみシャツ」が2016年春に来そうな兆し。

抜け感の存在するふわりと触りたくとろみシャツにすっきりしたショーツをマッチした衣装合わせが適合性抜群。

フェロモン溢れるぶりっ娘なとろみシャツにショーツを組み合わせたアダルト衣装合わせを解説します。

2016桜の季節のトレンドコーデをおさえましょ。

とろみシャツ

 

◆雑誌でも注目のアイテム

最近、雑誌でも見かけ、徐々に注目されている「とろみシャツ」は、その名の通り、パリっとしたシャツではなく、とろけるような柔らかい材質感がポイントです。

ふわりと柔らかい質感が、抜け感の存在するコーデに。

フェロモンふんだんのアダルト衣装合わせを作ってくれるんです。

快適なトレンドから、軽めのオフィススタイルまで幅広く有用できる優秀なアイテムでもあります。ベストチョイスはショーツと当てはめたコーデ。

上はとろみシャツでふわりと、下はショーツですっきりさせる事で、バランスの良い抜け感コーデが作れちゃうんです。

ここ最近、おしゃれさんの間では前だけシャツを入れて、後ろは出すのがモードのコーデ。

全ていれない事で楽ちんな感触になり、抜け感をかもし出せるんです。

軽めに決めたいのなら、デニムが鉄板。

シャツ×デニムのもってこいのコーディネートも「とろみシャツ」を使用する事で新鮮なフィーリングに。

力の入り過ぎない可愛いめな気軽感の完成です。

 

◆かっこいいオンナを狙うなら断然白シャツ。

白シャツ×デニムでさわやかなスタイリッシュスタイルに。
その時々でミュールにしたり、スニーカーにしたり楽しみたいですね。

クールに決めるのなら、単色で。

パリッとしたシャツだとクールになりすぎてしまうけども、とろみシャツならその柔らかい質感で女らしさも加味してくれます。

淡い色のデニムを選択すれば一度に桜の季節っぽく。

プレーンすぎるかな?と思ったら、こんな風にハットを組み合わせて。

一段階上のおしゃれ衣装合わせの完了です。

質素だけど、キャラクターをちらっと見せたコーデに。

もう1つデニムに推奨の色合いが薄紅色。

白シャツよりも愛らしい感触を作ってくれます。

女らしさを一層出したい!という方は桜色がベストチョイスです。

ダメージ加工のデニムにも適合性抜群!

アダルトな衣装合わせには利用しにくいかなと思うかもしれませんが、とろみシャツが程よくアダルトな佇まいに作り直してくれます。

アクセサリーを黒の素敵めな意匠で調整できるのもおしゃれさんの着眼点ですね。

 

 

◆とろんとしているけども、充分な質感のシャツ。

桜色ベージュのしとやかだけど愛らしい色調に一目惚れです。

オフィススタイルやフォーマルな格好のケースは、艶やかめのショーツがベストチョイスです。

ありきたりのシャツだとスーツのようになってしまいがちですが、とろみシャツなら楽ちんな影姿で抜け感を作ってくれます。

タックショーツとサンダルをマッチして可能な女子感満載。

ウエストをたるませる事で、気張りすぎずちょうど良いムードを作ってくれます。

上下の色調をそろえる事でオールインワンのように。

優しいトーンが桜の季節夏場に最適ですね。

 

◆柔らかいビビッドのとろみシャツでも、黒ならきりっと引き締めてくれる

黒の柔らかい風合いってけっこう色っぽいですよね。

優しい色調で、黒のきりっとしたビビッドを柔らかく。

センターラインが縦のラインを強調すると、足をずーっと見せてくれます。

今らしさをモノにするならゆるめの影姿のショーツを。

空間すぎず縦ラインがキレイなものを選りすぐると、ふわりとしたとろみシャツとも親和性が良いですよ。ベージュ×ホワイトで女子らしい色の取り合わせ。

モードのワイドショーツにスニーカーを当てはめた、艶やかめだけどさっとしたな衣装合わせです。

◆軽いシフォン材質のブラウス。

ボウタイは着脱できると衣装合わせに応じた使い方ができます。

桜の季節のワイドショーツ。柔らかい材質感ですとんと落ちた影姿が最高。

今年1枚は欲しいグッズです。

春~夏はとろみシャツ×ショーツでアダルトならがぶりっ娘な抜け感コーデを作ってみませんか?

無作為なコーディネートに欠かせない「とろみ材質」はオフィススタイルにもカジュアルにも機能面で優れていますが、一歩間違えばモテない女子になりかねないおしゃれ上級者のアイテムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。